食生活を見直しことで白髪を予防しよう

食事というのは生きるための栄養素を摂るための大事な生活習慣ですが、ただ生命を維持するためだけではありません。
健康な体や美しい素肌、そして若々しさを保つための黒い髪の毛も食生活で得る栄養によって作られているのです。

白髪を予防するには、もちろん睡眠も運動も大事なのですが、栄養が不足してしまったら髪を黒くするメラニン色素を作るメラノサイトが劣化してしまいます。
ですので、メラノサイトの働きを活性化させるためにもしっかりと食生活を見直して、白髪を予防していきましょう。

食生活を見直すといっても、漠然としているので何を見直せばいいのか分からない方もいるかもしれません。
よく、3食きちんと食べるというのが正しい食生活の基本と言われていますが、白髪予防のためには食事の回数よりも食事内容が重要になります。

極端な例ですが、いくら1日3食、決まった時間に食べていても、食事内容が3食ファーストフードだったら白髪を予防することはできません。
白髪予防のためには、髪を黒くするメラニン色素を作り出すことが必須なので、栄養バランスの良い食事を基本に、メラノサイトやメラニン色素に関係する栄養素を摂ることが大事なのです。

まずメラニンの生成に欠かせないのがアントシアニンという成分です。
アントシアニンは主に紫色をした食材に多く含まれていて、特にブルーベリーやビルベリー、ナスやぶどう、紫芋などに含まれているので積極的に摂るようにしましょう。

また、メラニンの原料となるチロシンも欠かせない成分です。
これはチーズ類、バナナ、リンゴ、かつおやマグロ、大豆やナッツ類に含まれるので食事に取り入れてください。

メラノサイトを活性化するのはヨードという成分で、主に海藻類や魚介類に含まれていますから、サラダや主菜に取り入れるといいですね。

細かくなってしまいましたが、とにかく加工食品などは栄養がほとんど入っておらず逆に栄養の消化吸収を妨げるので、天然のものを食べることを心がけて規則正しい食生活を送るようすることが白髪予防になるということを覚えておきましょう。

関連記事

よく読まれている記事

ページ上部へ戻る