髪の根元まできれいに染められる白髪染め

髪の根元というのは、頭皮に近いので白髪染めを塗る場合はつい慎重になってしまうものです。
ですが、しっかり塗らないと根元を染めることが出来ないので、頭皮へのダメージを気にしながらも塗ってしまうという方もいるでしょう。

ただいくら根元にたっぷり白髪染めを塗って染めたとしても、髪はすぐに成長してしまいますから、結局は白髪が目立ってしまいます。
そうなると、根元だけ染めるか、全体的に染め直すかを迷ってしまいますが、いずれにしてもヘアカラータイプを頻繁に使うと髪や頭皮に大きなダメージを与えてしまうことになります。

この悪循環を断ち切って、さらに髪の根元まできれいに染めるためには、トリートメントタイプなどダメージの少ない白髪染めを使いましょう。

白髪染めの種類の中でも、トリートメントタイプは地肌につけても安心なタイプなので、根元までしっかり塗ることができます。
しかも、根元が染まるまでは毎日使うこともできますし、定期的に使っていれば常に白髪を染められるので、根元の白髪に悩まされることはありません。

他にも、シャンプーやリンスタイプ、スティックタイプなどがありますが、染毛力はトリートメントタイプが一番です。
ですので、根元をきれいに染めるためにも、白髪を目立たせないようにするためにも、ヘアカラータイプで白髪染めたとしても、その後の白髪ケアではトリートメントタイプのものを使うのがお勧めです。

また、根元まできれいに染めるには、染め方というのもポイントです。
もともと根元は染まりにくいので、ヘアカラータイプなどを使う場合でも、一番最初に塗るようにしましょう。

もちろん塗るときはたっぷりと、まんべんなく塗るようにしてください。
そしてしばらく時間を置いてから、他の部分を染めるようにすると、ムラなく均等に染めることができます。

ただヘアカラータイプだと薬剤の刺激が強すぎてしまうので、頭皮のトラブルが起こることもありますから、できればトリートメントタイプやシャンプー・リンスタイプで染めるようにするのが理想です。

関連記事

よく読まれている記事

ページ上部へ戻る