白髪染めでかゆみ・かぶれの原因になる成分を知っておこう

誰でも気軽に使える白髪染めですが、頭皮がかゆくなったりかぶれたりしたという方も少なくありません。

これは1種のアレルギー症状で、例え普通の生活ではアレルギーを発症したことがない方でも、白髪染めに含まれる成分のせいでアレルギー症状が引き起こされてしまうことがあるのです。

かゆみやかぶれの原因となるのは、ジアミンと呼ばれる化学合成物質です。

ジアミンは精製方法などによって名称が異なるので、成分表示だとパラフェニレンジアミンやフェニレンジアミンと表記されていることもありますが、これらはすべてジアミンというアレルゲンなのです。

ジアミンというのは髪を染める力が非常に優れていますが、特に黒く染める効果が高いので多くの白髪染めで主成分となっていますが、アレルギー物質の一つです。

ジアミンによってかゆみやかぶれが起きたらジアミンアレルギーの状態であり、一度症状が発症すると一生消えないと言われています。

ですのでジアミンが使われているヘアカラーなどの白髪染めは絶対に使わないようにしなくてはいけません。

かゆみやかぶれぐらいなら大丈夫、と思うかもしれませんが、こういったジアミンアレルギーの症状は中度であり、さらに頭部のむくみや顔面の腫れなどが起こることもあります。

もっと重度になるとアナフィラキーショックといって、呼吸困難や意識障害が起こることもありますし、世界的に見ると死亡例も報告されています。

しかもジアミンによるアレルギーというのは、髪を染め続けることによって起こる後天性のものなので、白髪染めをしていれば誰でも発症する可能性があります。

だったら白髪はどうすればいいのか、と思うかもしれませんが、ジアミンの危険性を避けるためにジアミンを使っていない白髪染めもあります。

植物由来の染料で作られた白髪染めもありますし、ヘアマニキュアもジアミンは使われていません。

ただ、こういった白髪染めは取り扱いが面倒だったり、染まりが悪いというのが難点ですが、トリートメントタイプなら手軽にきちんと染めることができるので、アレルギー症状のリスクを軽減するためにも白髪染めはノンジアミンのものを選びましょう。

関連記事

よく読まれている記事

ページ上部へ戻る