白髪染め前には必ずパッチテストを行おう

リーズナブルな価格で、思いついたら自分が好きな時に白髪を染めることができるのが白髪染めのメリットですが、使用する前に絶対にしておかなくてはいけないのがパッチテストです。
パッチテストというのは、白髪染めに含まれる薬剤に対してアレルギー反応がないかどうかを確認するテストです。

最近は「アレルギーテスト済み」なんて商品もありますが、万人にアレルギーが起こらないという保証ではありません。
ほとんどの白髪染めの説明書には使用前にパッチテストをするように明記されています。

パッチテストをしないで白髪を染めてしまうと、頭皮がかぶれたり炎症が起こったりするかもしれません。
アレルギー症状は、もともとアレルギー体質というだけではなく、その日の体調や肌の状態で突然発症してしまうこともあるので、今まで何のトラブルもなかったという方でも必ず行うようにしましょう。

パッチテストのやり方はいろいろあり、各白髪染めによっても異なりますが、ほとんどの場合は、白髪染めをする24時間前か48時間前から始めるものが多いようです。
ヘアカラーの場合は白髪染めの1剤と2剤を少量混ぜ合わせたら、ヘアマニキュアの場合はそのまま、薬剤を二の腕など皮膚の柔らかい部分に薄く塗ります。
そしてそのまま定められた時間放置します。

あまり神経質になる必要もありませんが、パッチテストの間は、なるべくお風呂に入る時などは濡れないように、また衣服で擦れて取れてしまわないように注意しましょう。
放置時間がたっても何のトラブルもなければ問題ありませんが、かゆみや痛み、炎症などが起きたらパッチテストを中止して、白髪染めは使わないようにしてください。

ただ、現実にはパッチテストをこまめに正しく行っている人はあまりおらず、現実的にも24時間~48時間塗りっぱなしは難しいものです。
ですがパッチテストをしないと、頭皮トラブルなどが起こるリスクが高まりますし、トラブルになったら病院に行かなくていけないこともあるので逆に大変です。

パッチテストをしないで白髪を染めたいという方は、薬剤を使っていないトリートメントタイプなどパッチテストの必要ない白髪染めを使って染めるようにするのがお勧めです。

関連記事

よく読まれている記事

ページ上部へ戻る