PH(ペーハー)値と白髪染めの関係性

白髪染めなどの情報を調べていると、PH値というのが書かれていることを目にすることがあると思います。

PH値というのは、アルカリ性や酸性などの度合いを測るもので、PH値によって染まりやすいか染まりにくいかが決まります。
つまりPH値と白髪染めとの関係性は、染まりやすさの違いに関係しているということなのですね。

PH値はPH7がアルカリ性でも酸性でもない中性となっていて、数値が高くなるとアルカリ性、逆に低くなると酸性になります。
髪の毛はPH4.5からPH5.5ぐらいなので、弱酸性ということになり若干酸性に傾いている性質を持っています。

よく、シャンプーなどのコマーシャルで「弱酸性」というキャッチフレーズが使われますが、これは髪に合わせたPH値の成分配合になっているので髪に優しいということなのですね。

では白髪染めはどうかというと、一般的に普及しているヘアカラータイプはPH10からPH14ぐらいなので、全てアルカリ性になります。

弱酸性の髪や頭皮にこれだけ強いアルカリ性を使ってしまうと、当然ダメージが大きいのですが、ヘアカラータイプがアルカリ性なのは、アルカリにはキューティクルを開かせる作用があるからです。

髪の表面を覆っているキューティクルが開けば、そこから染料などの薬剤が浸透しやすくなるので、髪や染まりやすくなります。
つまりPH値が高ければ高いほど綺麗に染めることができるので、ヘアカラーはPH値が高いのですね。

ただし、綺麗に染まるのは良いことですが、PH値の低い髪や頭皮には刺激が強すぎるためトラブルの元になってしまいます。
そのため市販の白髪染めは髪が傷む、頭皮環境が悪化するなどのデメリットがあるのです。

ですが白髪染めすべてが高いPH値ということではありません。
中には酸性の白髪染めもあるので、こういったものなら髪を傷めることなく染めることができます。

ただ、酸性すぎると染毛効果がほとんどないため、ほんのり色づく程度ですぐに落ちてしまいます。
ですので髪を傷めずにある程度の染毛力を求めるのであれば、PH5から8ぐらいの中性のものを選ぶようにしましょう。

関連記事

よく読まれている記事

ページ上部へ戻る