自宅で白髪染めを行うメリットとデメリット

白髪染めに関するアンケートでは、理容室で染めるという人を大きく上回って、自宅で染めるという人が大半を占めています。
理容室の方が綺麗で簡単に染められるのに、自宅で行う人が多いというのは、自宅で染めるメリットがあるからです。

そのメリットというのは、なんといっても美容院よりも格安の費用で染められることです。

理容室での白髪染めの価格は、もちろんお店ごとに違いはありますが、平均すると約1万円というのが相場です。
半年に1回ぐらいで良いのであれば、1万円かかってもいいかもしれませんが、残念ながらいくら美容院で染めても白髪は色落ちが早いですし、根元部分が伸びてしまって目立つので2ヶ月ぐらいで染め直す必要があります。

ですので、理容室で染めていると高額な費用がかかってしまいますが、自宅で染めれば同じ頻度で染めたとしても、1回あたりの費用は1000円弱なので経済的な負担がないというのがメリットになるのですね。
それに、理容室で染めるとなると、予約をとって行かなくてはいけませんし、時間もかなりかかります。

自宅なら予約しなくても、昼でも夜でも好きな時に染められますし、トータルしても1時間程度で終わってしまうので時間もかかりません。
トリートメントタイプなら、わざわざ白髪を染める時間を作らなくても、毎日のシャンプーのついでに染められるので、実質的に費用だけではなく時間も節約できます。

ただし、メリットだけではなくデメリットもあります。

まず一番の問題点は、自分の目が届きにくいところは染めムラができてしまうということでしょう。
特に後頭部や襟足などは染めづらいので、白髪を染め切らなくて白髪が残ってしまうこともあります。

また、市販の白髪染めの染毛力というのは、理容室よりも弱いのでどうしても色落ちしやすいということもデメリットになります。
他にも壁やプラスチック製品に染毛料が付いたら落ちないので、周囲を汚さないようにしてはいけませんし、肌につかないように注意も必要です。

ですがこういったデメリットも、トリートメントタイプの白髪染めなら問題ないので、自宅で染める場合には白髪染めの種類選びに注意するといいですね。

関連記事

よく読まれている記事

ページ上部へ戻る