ヘアカラー?ヘアマニキュア?白髪染めの種類と特徴を知ろう

白髪染めはたくさんの種類がありますが、大きく分けるとヘアカラー、ヘアマニキュア、一時染めの3種類になります。

ヘアカラーというのは酸化染毛剤という種類で、髪を保護しているキューティクルを開いて、色素を分解する薬剤と染料を浸透させます。
色素を分解すると髪を脱色できますから、白髪と普通の髪に均等に染料が入るので、綺麗に染め上げることができるのが特徴です。

また、髪の内部で染料が結合するため、シャンプーなどで落ちてしまうこともなく、色持ちは2ヶ月から3ヶ月続くのも特徴と言えるでしょう。
ただし、刺激の強い化学合成物質が使われているため、髪や頭皮にダメージを与えたり、トラブルが起こる可能性があるので、必ずパッチテストをしなくてはいけません。

ヘアマニキュアは、髪を脱色せずに、染料で髪の毛をコーティングして色を定着させるという染剤です。
ヘアカラーのようにキューティクルを無理に開くこともありませんし、色素を分解することもないので、傷みが少ないというのが特徴です。

ですが、色素がそのまま残った状態で染めるため、白い髪や染まりやすく黒い髪は染まりにくいというデメリットがあります。
さらに表面に定着させるだけなので、毎日のシャンプーでどんどん色落ちしてしまうため、髪には負担は少ないものの色持ちもよくありません。

一時染めには、スティックタイプやマスカラタイプ、スプレータイプなどがありますが、名前の通り一時的に白い髪を黒く染められるものです。
髪に塗りつけるだけなので、1回のシャンプーで落ちてしまいますがダメージやトラブルの心配はありません。

白髪全体を染めるのには適していませんが、生え際や分け目など、白髪が伸びてしまった部分を隠すのにはとても手軽です。
白髪染めやヘアカラーのように準備や染める手間もかからないので、狭い範囲なら簡単に白髪を隠せるというのが特徴です。

最近は汗や水に強いウォータープルーフタイプなどもありますから、ある程度はどんなシチュエーションでも効果を持続できます。
ただし、毎日使うとなると面倒ですし、コストもかかるので急なお出かけや来客などいざというときにしか適していません。

関連記事

よく読まれている記事

ページ上部へ戻る