コレだけは知っておきたい!市販のヘアカラーに潜むリスク

ドラッグストアやスーパーなどで売られている市販のヘアカラーは、手軽に購入できて価格も安いですし、コマーシャルも観ることが多いのでもっとも身近な白髪染めかもしれません。
ですが、手軽さや安さというメリットがあるとしても、リスクもあるということを知っておきましょう。

市販のヘアカラーはメーカーごとにいろいろなブランドがありますが、どのヘアカラーも1剤と2剤を混ぜ合わせることで色を染めるという仕組みになっています。
1剤は染料剤で、2剤というのは染まりをよくするための薬剤になります。
染料剤は髪を染めるために必要不可欠ですし、最近は天然の染料を使っているものもあるので、髪や頭皮へのリスクはほとんどありません。

リスクを与えるのは、2剤の薬剤です。
市販のヘアカラーの一番の魅力は、誰でも簡単に髪を染められるということです。
そのため市販のヘアカラーの2剤には強力な薬剤が使われていますが、薬剤といっても化学物質ですし、髪の色を抜くという効果を持っているので、髪や頭皮に大きな刺激を与えてしまいます。

刺激を受けてダメージとなってしまうと、髪がパサついたり切れ毛になったり、頭皮トラブルが起こったり乾燥したりするというリスクがあるのです。
また、このような状態は白髪や抜け毛などを引き起こす要因ともなるので、髪の老化が促進されるというリスクも高めてしまうのです。

そしてもう一つ、市販のヘアカラーの染毛料には、パラフェニレンジアミンやアミノフェノールなどアレルゲンとなる化学合成物質が含まれています。
そのためアレルギーを持っていると、ヘアカラーをすることでアレルギー症状を発症してしまいます。

症状は人によって違いますが、かゆみやかぶれ、発疹などが起こったり、ひどくなると痙攣や呼吸困難などアナフィラキーショックという症状が起きることがあります。
また、アレルギーを持っていない人でも、頭皮の抵抗力や免疫力が低下すると症状が引き起こされることもあります。

リーズナブルで簡単に購入できて、手軽に染められる市販のヘアカラーですが、このようなリスクがあるので使用する場合はしっかり検討するようにしましょう。

関連記事

よく読まれている記事

ページ上部へ戻る