年齢とともに白髪が出てくる理由

白髪というと、黒かった髪の毛が白くなると思っている方も多いかもしれませんが、実は髪はもともと白いものなのです。
最初は白いといってもイメージしづらいかもしれませんが、例えば糸の生成と同じで、作られる時は白くその後で色素が入ることで黒くなるのです。
髪というのは毛母細胞が分裂していくことで成長して、その成長段階の途中にメラノサイトが作り出すメラニン色素が取り込まれることで色がつきます。
メラニン色素の量は人によって違うので、髪が真っ黒の人もいれば、茶色っぽい人、色素が薄い欧米人などは金髪の人がいたりします。
いずれにしても、髪は本来白いものなので、白髪になるというよりは、白髪のまま成長してしまったという方が正解なのですね。

白髪のまま生えてくるのは、メラノサイトの働きが何らかの影響によって低下してしまうからです。
その影響の一つに年齢があります。
髪の毛には、成長期、退行期、休止期という毛周期があり、退行期になると自然と抜け落ちて休止期に入り、やがて成長期が訪れてまた髪が伸びていくというサイクルを繰り返しています。
このサイクルの中で、退行期は単に髪の成長が止まって髪が抜けるというだけではなく、メラノサイトも同時に失われます。
しかし成長期になって髪の毛が生成されるようになると、メラノサイトもきちんと再生されるので、成長の過程でしっかりと色素が取り込まれます。
ですが、年齢を重ねていくとそれだけ髪の毛の再生のサイクル数も多くなるので、どうしても機能が衰えてしまい、その影響がメラノサイトの再生の妨げとなり、髪は成長したとしても色素が作られないという状態になっていきます。
これが年齢とともに白髪が出てくる根本的な理由になります。

ですので、加齢による白髪はしょうがないこととも言えますし、どんなに頑張ってケアをしていても、効果が得られないこともあるのですね。
ですが白髪が増えるのを止めることはできなくても、今は質の高い男性用の白髪染めがたくさんあるので、こういったアイテムを利用すれば年齢とともに出てくる白髪もきちんとケアできます。

関連記事

よく読まれている記事

ページ上部へ戻る