パラペンって?パラペンフリーの白髪染めを選ばないといけない理由

パラペンというのは、簡単に言ってしまうと商品を腐らせないようにする効果がある防腐剤です。

基礎化粧品などにも使われることが多いとてもメジャーな化学成分で、メチルパラベンやプロピルパラベンというような名称で記載されています。

白髪染めは食べ物のように腐ることはありませんが、配合されている成分によっては、温度や湿度などの影響で変性してしまうことがあります。

白髪を染めるための成分が変性して劣化してしまうと、効果が低下してしまうこともあります。

つまり成分の変性を防いで効果を安定させることを目的として、パラペンが配合されているのですね。

ただし、パラペンというのは毒性を持っているため、アレルゲンとなることがあります。

そのためパラペンが使われている白髪染めで、頭皮にかゆみやかぶれが起きたり、皮膚炎などが発症してしまうというリスクもあるのです。

パラペンによるアレルギー症状は、もともとアレルギー体質じゃないとしても、使い続けるうちにアレルギー体質になることで発症することがあります。

パラペンは体内に吸収されると、すべてが排出されるわけではなく蓄積してしまい、それが一定量を超えるとアレルギー症状が引き起こされてしまうのです。

これは基礎化粧品でも比較的よくあるトラブルなので、最近はパラペンフリーの商品が増えています。

白髪染めも同様で、アレルギー症状を起こさないためにパラペンを使っていない商品が多くなっているのです。

ですが、パラペンを使っていないと染める効果が低下するのでは、と思うかもしれませんが、パラペンは化学成分なので髪や頭皮に良くないから使われていないだけです。

植物由来など天然成分にも防腐剤と同じ効果を持つものがあるので、パラペンフリーの白髪染めには安全性の高い防腐効果を持った成分が使われています。

ですのでパラペンフリーでも染める効果が低下するわけではありませんし、髪や頭皮を傷めたり、アレルギー症状を起こさないようにするためにも、パラペンフリーの白髪染めを選ぶようにしましょう。

関連記事

よく読まれている記事

ページ上部へ戻る